講習予定

コーニッシュパスティとマルガトーニ

2018年10月6日(土)13:00~

所要時間3時間(試食を含む)

@クロスパル高槻3F『食の工房』

料金 4000円(税込)

以前からリクエストの多かったコーニッシュパスティをメインの題材に選びました。生地の作り方から延ばし方、フィリングの作り方から焼き方までご紹介いたします。

フィリングはステーキ肉ではなく、最近の私のお気に入り挽肉を使ったものです。先に炒めて味付けし、とろみをつけてタルト生地で包みます。

試食では茹で野菜一品が付きます。(野菜の種類は現時点未定。)

コーニッシュパスティ同様にとっても美味しいイギリス料理、マルガトーニも作ります。マルガトーニはイギリスのカレースープ。カレーのピリ辛感と、りんごやマンゴチャツネの甘味がマッチした、とても美味しいスープです。

ブフ・ブルギニョンとトライフル

2018年10月27日(土)13:00~

所要時間3時間(試食を含む)

@クロスパル高槻3F『食の工房』

料金 4500円(税込)

10月になるとそろそろ煮込み料理が恋しくなります。そこで、ブフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)をメインの題材にしたいと思います。

フランス料理と聞いただけでハードルが高いイメージがありますが、ワインがとておも美味しいソースに変身し味付けも殆ど不要。実に簡単に作れるビーフシチューです。この冬の晩ご飯の定番メニューになること間違いなし、おもてなしにもバッチリの料理です。

マッシュポテトと食べるのが美味しいのですが、今回はローストポテトを付け合わせることにしました。ローストポテトはクリスマスのローストチキンのお供になります。シチューと共にその作り方を習得してください。

デザートには以前からリクエストが多かったトライフルを作ります。

但し、ジェリーに関してはレシピは差し上げますが、時間の都合上、私が自宅から準備したものを使い、スポンジに関してはティラミスに使うスポンジフィンガーを使います。カスタードの作り方、アセンブルの仕方のみのご紹介になります。

写真はイメージとお考え下さい。グリーンピースは日本人には人気がないので別の野菜を付け合わせます。また、トライフルのジェリーも、写真はブラックペリーで作ったジェリーですが、入手が困難であれば、別のベリーを使う可能性大です。

窯焼き風ピザとシカゴ風ピザ
&フライドチキン

2018年10月27日(土)13:00~
所要時間3時間(試食を含む)
@クロスパル高槻3F『食の工房』
料金4000円(税込)
残3席

講習で焼くピザは窯焼き風ピザ2種とシカゴ風ピザ1枚。窯焼き風ピザのトッピングの1つはシュプリーム風に盛りだくさんなトッピング。もう1つはハムとパイナップルのハワイアンです。シカゴ風ピザのトッピングはイタリアンソーセージと茸です。

講習で焼くピザの生地は私が前もって準備したものを使いますが、受講者全員に生地捏ね体験をしていただき、窯焼き風ピザ2枚分、もしくは窯焼き風1枚とシカゴ風1枚が焼ける分の生地をお持ち帰りいただきます。自宅に帰って早速実践!

また、2つのピザにトッピングするピザソースの作り方も併せてご紹介いたします。

フライドチキンはスパイスミックスの作り方と揚げ方のみのご紹介となります。もちろんチキンの下準備の仕方は講習内で詳しくご説明いたします。時間があれば下準備で使った牛乳で、フライドチキンをディップして食べる、ホワイトグレービーも作りたいなと思っています。


各講習の最小開講人数は6人です。それに満たない場合は中止もしくは延期となります。また、レンタルキッチンの都合で止む無く中止もくは延期せざるを得ない場合もありますので予めご了承下さい。最大募集人数は講習内容により8~10人とさせていただきます。お子様連れでのご参加はお断りいたします。

料金は講習終了時に現金でお支払いください。お釣りのないようにお願いいたします。領収書の必要な方はお申し込みの際お申し付け下さい。事前にリクエストがない場合は発行いたしません。

キャンセルは前日の正午まで無償でお受けいたします。以降は講習料の全額を指定の口座にお振込みいただきます。当日の持ち物などは講習の約1週間前にメールで詳しくご連絡いたします。

試食会で残ったお料理はお持ち帰り下さい。お持ち帰り用容器はこちらで準備いたします。試食会では毎回、イギリス人が普段愛飲しているヨークシャティーもご試飲いただけます。